スポンサーサイト

2017.04.04 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    医療法人の定款変更の認可申請について

    2017.03.22 Wednesday

    0

      おはようございます! 行政書士 中村絵美里です。

       

      昨日は久しぶりの雨でしたね。

      花粉症の私としては軽い症状で済み、とっても快適な一日を過ごせました^^雨ハート

       

      昨日は、医療法人様からサ高住(サービス付き高齢者住宅)を新たに開設したいとのことで、

      定款変更の認可申請のご相談をいただきました。

       

      定款変更の認可って?と思う方もいると思うので、まずここをご説明しますと

      医療法人が事業を新たに実施する場合や移転する場合には、事前に定款変更の認可を受ける必要があります。

      定款変更の認可を受けてからでないと、株式会社や一般社団法人のようにすぐに定款変更の登記をすることができません。

       

      医療法人は、医療法42条に定められている附帯業務に該当するものであれば

      新しい事業として開設することができます。

      詳しい内容はコチラ(医療法人の業務の範囲/厚生労働省)

       

      例えば。。。

      看護専門学校、リハビリステーション専門学校 、臨床医学研究所、再生医療研究所、

      メディカルフィットネス、疾病予防のための温泉施設、クアハウス、

      薬局、施設所、衛生検査所、難病患者等居宅生活支援事業、乳幼児健康支援一時預かり事業、有料で患者を送迎する事業

      訪問介護、通所介護(デイサービス)、通所リハビリステーション、サービス付き高齢者住宅、

      認知症対応型共同生活介護、有料老人ホーム 等

       

      これらの事業を新たに行うには、医療法人であれば定款変更の認可を受けるだけでできるのか?というと

      これだけではまだ足りませんアセアセ

       

      開設する事業についての用途地域、施設基準や人員基準等が細かく決められているため、それぞれの担当の所管課で、

      施設の平面図などの資料を持って事前確認が必要になります。

       

      例えば、サ高住を新しい事業として始めたい場合は、「サービス付き高齢者向け住宅の登録」が必要になります。

      このサービス付き高齢者向け住宅の登録は、施設を建設する前に、役所窓口に事前協議に行かなければなりません。

      管轄の窓口は、さいたま市・川越市・和光市・越谷市を除く埼玉県内の市町村の場合、

      埼玉県庁(都市整備部住宅課)電話番号048-830-5562 となります。

       

      その他、サービス付き高齢者向け住宅を始めるにあたり

      場合によっては、

      補助金申請の「市町村の意見聴取申請

      ・「特定施設入居者生活介護の指定申請」(サ高住の施設内で介護サービスを提供する場合

      の手続きも必要になってきます。

       

      様々な手続きが複雑に絡んできますので

      サービス付き高齢者向け住宅開設を検討されている事業者様、どんな手続きをどのように進めていってよいかわからない

      などお悩みがあればお気軽に当事務所へご相談下さいクローバー

       

      司法書士と行政書士のシビックリーガルグループ
      行政書士さいたま市民法務事務所(大宮事務所/春日部事務所)
      TEL048-782-4771 Email: saitamags0408@gmail.com