スポンサーサイト

2017.04.04 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    デイサービス(通所介護事業指定申請)の事前相談に行ってきました

    2017.03.02 Thursday

    0

      おはようございます。行政書士の中村絵美里です。

       

      昨日は杉戸町に新設されるデイサービス(通所介護事業指定申請)の事前相談のために

      春日部市にある春日部地方庁舎1階東部振興センターに行ってきました。

       

      図面があがってきたので、相談窓口で工事前に事業所の平面図が要件を満たしているかどうかチェックをしてもらいました。

       

      オープンカウンターについては、従来まで大丈夫でしたが、個人情報保護の関係で外部のから簡単に事務室に入り込めるような構造でなく、事務室が壁で囲まれた個室になっているか、もしくはカーテンやパーテーションで事務室の中が簡単に見えないような形状が必要になります。

       

      食堂・機能訓練室にある手洗い場については、車いすが下に入り込めるような形の手洗い場の形状でないと、食堂・機能訓練室の面積から手洗い場の面積を除かないといけなくなるため、要件に満たす嵜瑤ギリギリの場合は要注意です。

       

       

      通所介護(デイサービス)の事業者指定を受けるには人員基準・設備基準・運営基準の3つの要件があります。

       

      1. 人員基準
        1. 生活相談員 専従1名以上 

          社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事やこれらと同等の能力を有するものであることが必要です。

        2. 看護職員1名以上

          看護職員は、看護師もしくは准看護師であることが必要です。機能訓練指導員との兼務が可能です。

        3. 介護職員 専従

        利用者数 1〜15名     介護職員1名以上

        利用者数 16〜20名    介護職員2名以上

        利用者数 21〜25名    介護職員3名以上

          4.機能訓練指導員 専従1名以上

            理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、あんまマッサージ指圧師であることが

            必要です。

          5.管理者 常勤1名以上

            事業所ごとに、通所介護の事業以外の職務に従事しない常勤の者1名以上が必要です。

      1. 設備基準
        1. 食堂、機能訓練室、静養室、相談室、事務室を有すること。

          (食堂と機能訓練室は兼用でもOKです)

        2. 食堂と機能訓練室の合計面積が、一人あたり3岼幣あること。
        3. 相談室はパーテーションなどの設置により相談内容が他に漏洩しないようになっていること。
        4. 消防設備その他の非常災害に際して必要な設備 (鍵付き書庫、消化器、感染予防消毒液、駐車場、送迎車両など)
      2. 運営基準
        1. 通所介護計画を作成すること
        2. 従業員の勤務態勢が明確に定められていること
        3. 利用定員を超えるサービス提供は行わないこと
        4. 利用申込者に対して、運営規程、職員勤務態勢、苦情処理体制、事故や緊急時の対応について文書を交付し同意を得てサービスを行うこと

          など上記は一部になります。

       

      デイサービス(通所介護事業)の指定申請はオープン予定日の前月10日までに申請しなければなりません。

      たとえば、4月1日がオープン予定日であれば、前月の3月10日までに申請が必要になります。

      申請前に管轄の申請窓口で、図面や書類の事前相談を数回行うので、時間的に余裕をもって準備されることをお勧めします。

       

      デイサービス(通所介護事業)の開業をお考えの事業者様、

      当事務所では行政への通所介護事業指定申請の代行から、必要な登記までまとめてアドバイス致します。

      お気軽に当事務所にご相談ください

       

      司法書士と行政書士のシビックリーガルグループ

      行政書士さいたま市民法務事務所(大宮事務所/春日部事務所)

      TEL048-782-4771 Email: saitamags0408@gmail.com